このホームページは学生の教育用に作成しました。遠藤が担当する授業科目の予復習にお役立てください。当該週の授業で使用のスライドや課題の電子ファイルを随時掲載しています。休講や授業日の変更については学部1階の掲示板でお知らせします。質問がありましたら授業終了後または遠藤の研究室(115号室)までお越しください。

4.農地土壌の環境モニタリングツールの開発

上記1~3の研究を実施する際に、現場や実験室内で行う実験で有用となる計測器や計測方法を開発しています。

このセンサを使うことで、土壌中の流体輸送ベクトル・熱物性・体積含水率および電気伝導率を同時に計測することができます。現在、実用化に向けて計測方法を改良しています。

QPHPセンサの側面図(左)と断面図(右)。本センサは中央に配置した熱源ロッドと、その周囲に4本配置した熱電対ロッドから構成されます。

QPHPセンサを用いた塩害農地現場での体積含水率・電気伝導率・熱物性の同時計測の様子

QPHPセンサ試作の様子