このホームページは学生の教育用に作成しました。遠藤が担当する授業科目の予復習にお役立てください。当該週の授業で使用のスライドや課題の電子ファイルを随時掲載しています。休講や授業日の変更については学部1階の掲示板でお知らせします。質問がありましたら授業終了後または遠藤の研究室(115号室)までお越しください。

[H30] 地域環境工学実験(地域環境工学科3年生通年)

平成30年度シラバス

遠藤担当分は、2018年5月11日(金)、18日(金)、25日(金)です。12:40に出欠確認を行いますので、それまでには指定の場所に集合して実験を開始できるよう準備ください。2017年度の実験の様子を掲載しましたので、実験実施前に確認ください。ファイルを開くための「パスワード」は初回の実験時にお知らせします。

※ 3年生集合の機会が限られている都合上、実験前後に夏季実習関係の連絡をしますので出席ください。

平成30年度 地域環境工学実験(遠藤担当分 土壌・土質実験2)のテキスト
第1回: 2018年4月13日(金):ガイダンス(テキスト配布と諸注意)
第5回: 2018年5月11日(金):土粒子の密度試験
第6回: 2018年5月18日(金):粘土の一面せん断試験
第7回: 2018年5月25日(金):土の締め固め試験
土壌・土質実験_2018.pdf
PDFファイル 6.5 MB

平成30年度の地域環境工学実験 遠藤担当分レポートについて

◆ レポートの提出期限は2018年6月8日(金)17:00です。

【 2018年度の地域環境工学実験の様子 】

第7回 粘土の一面せん断試験(2018年5月25日(金))の様子

まずは、締固めに使用するモールドと底板の質量m1(g)を秤量します。含水比調整の際に必要なバット等の秤量も忘れずに。
まずは、締固めに使用するモールドと底板の質量m1(g)を秤量します。含水比調整の際に必要なバット等の秤量も忘れずに。
含水比調整後の試料土をモールドに充填した後、2.5kgのランマーを使って3層×25回突き固めます(落下高さh=30cm)。
含水比調整後の試料土をモールドに充填した後、2.5kgのランマーを使って3層×25回突き固めます(落下高さh=30cm)。
含水比調整を行っている様子。初期含水比w0(%)のmt(g)のを目的含水比w1(%)にするためにΔmw(g)の水を加えます。
含水比調整を行っている様子。初期含水比w0(%)のmt(g)のを目的含水比w1(%)にするためにΔmw(g)の水を加えます。
締め固め後にカラーを取り外し、容積V=1000c㎥になるよう整形した後、上下面を削り含水比測定用の土を採取します。
締め固め後にカラーを取り外し、容積V=1000c㎥になるよう整形した後、上下面を削り含水比測定用の土を採取します。

第6回 粘土の一面せん断試験(2018年5月18日(金))の様子

供試体(直径6cm, 高さ1cmの信楽粘土)を整形している様子。試料整形用カッター内面にグリスを塗布してから押し出します。
供試体(直径6cm, 高さ1cmの信楽粘土)を整形している様子。試料整形用カッター内面にグリスを塗布してから押し出します。
30秒間隔で測定するのは、①水平変位δ、②垂直変位h、③荷重計の読みrです。応力―歪み線図を作成するのに重要なデータ。
30秒間隔で測定するのは、①水平変位δ、②垂直変位h、③荷重計の読みrです。応力―歪み線図を作成するのに重要なデータ。
第2段階目の垂直荷重をピストンに作用させるために、ウェイト「C」を青色の載荷板に載せて30秒間隔で諸量を測定している様子。
第2段階目の垂直荷重をピストンに作用させるために、ウェイト「C」を青色の載荷板に載せて30秒間隔で諸量を測定している様子。
第4段階目の垂直荷重(ウェイトA+B+Cの3枚を載荷)をさせたのちにせん断している様子。設定せん断速度は0.2mm/min。
第4段階目の垂直荷重(ウェイトA+B+Cの3枚を載荷)をさせたのちにせん断している様子。設定せん断速度は0.2mm/min。

第5回 土粒子の密度試験(2018年5月11日(金))の様子

ピクノメーターを検定している様子。ピクノメーターを100c㎥の水で満たした後に秤量・測温を素早く行うのがポイントです。
ピクノメーターを検定している様子。ピクノメーターを100c㎥の水で満たした後に秤量・測温を素早く行うのがポイントです。
土壌懸濁液を煮沸後、よく冷ましてからピクノメーターに注水し100c㎥に調整したあとで秤量と測温を素早く行います。
土壌懸濁液を煮沸後、よく冷ましてからピクノメーターに注水し100c㎥に調整したあとで秤量と測温を素早く行います。
黒石市内のリンゴ園で採取した黒ボク土と、五所川原市内の水田で採取した低地土の各風乾試料をピクノメーターに投入中。
黒石市内のリンゴ園で採取した黒ボク土と、五所川原市内の水田で採取した低地土の各風乾試料をピクノメーターに投入中。
土壌懸濁液が入ったピクノメータに注水している様子。この後に100c㎥に調整して素早く秤量・測温するのに手間取ります。
土壌懸濁液が入ったピクノメータに注水している様子。この後に100c㎥に調整して素早く秤量・測温するのに手間取ります。

【 2017年度の地域環境工学実験の様子 】

第7回 土の締め固め試験(2017年5月26日(金))の様子

供試土壌の含水比調整の様子(少しずつ加水して撹拌)
供試土壌の含水比調整の様子(少しずつ加水して撹拌)
締め固め後の供試土壌から含水比測定用の土壌を採取
締め固め後の供試土壌から含水比測定用の土壌を採取
2.5kgfのランマーを30cmの高さから自由落下している様子
2.5kgfのランマーを30cmの高さから自由落下している様子
2層目を締め固めている様子
2層目を締め固めている様子

第6回 粘土の一面せん断試験(2017年5月19日(金))の様子

レポート作成について、「Excelファイルをメールで提出」旨の記載がありますが、今回はメールでの提出は不要です。必要事項が考察用紙にしっかりと記載されていれば良いので、Excelの計算結果をメールに添付・提出の必要はありません。

粘土試料を直径6cm、高さ1cmに整形している様子
粘土試料を直径6cm、高さ1cmに整形している様子
試料押し出し器を用いてせん断箱内に粘土試料を充填
試料押し出し器を用いてせん断箱内に粘土試料を充填
垂直荷重載荷軸と垂直変位計を調整している様子
垂直荷重載荷軸と垂直変位計を調整している様子
全体の様子。何故か森先生が乱入(笑)
全体の様子。何故か森先生が乱入(笑)

第5回 土粒子の密度試験(2017年5月12日(金))の様子

ピクノメーターの検定の様子
ピクノメーターの検定の様子
ピクノメーターの煮沸の様子
ピクノメーターの煮沸の様子
土粒子をピクノメーターに投入する様子
土粒子をピクノメーターに投入する様子
室温程度に降温後にピクノメーター秤量と測温を行っている様子
室温程度に降温後にピクノメーター秤量と測温を行っている様子